看護師としてキャリアアップするということ

看護師にとって、看護師国家試験を突破して免許を得ることは「スタートラインに立つ」と言うことを意味します。看護師資格を取った時点でゴールだと考える看護師の方は、実際少ないことでしょう。

看護師の多くは向上心が高く、理想とする看護師像をお持ちのことと思います。その理想像を現実に実現させるためには、明確な将来のビジョンを持ち、5年・10年後の自分を見据えて具体的な目標をもつことが重要となります。

また、目標を達成するためのキャリアアッププランを立てることも必須となりますが、そのためには、現在の自分自身の能力・スキルを客観的に判断し、今後どのような経験や学習が必要となるのか考えることが大切です。

キャリアアップの第一歩としてお勧めなのは、大学病院をはじめとした、教育環境が充実した勤務先で臨床経験を積みながらスキルを磨き、看護師としての基盤を構築するという方法です。

大学病院は、民間病院やクリニックとは全く異なる業務や臨床例に接することができるため、専門分野に興味がある方は特に狙う価値がある職場と言えるでしょう。 とはいえ一言で「キャリアアップ」といっても、人によって目標とするもの、目指す看護師像は異なります。

看護師として専門知識の充実や技能向上を目指す方もいれば、保健師・助産師といったさらなる資格取得を目標とする方もいらっしゃいます。 また、准看護師から正看護師を目指したり、専門看護師・認定看護師の資格取得を目指すといったように、文字通りのキャリアアップを目指す方もいます。

他にも、グループ長から看護主任や看護師長、看護部長といったように、管理職としての出世を望むのも、キャリアアップの一つの道です。

さらに、最近は看護師としての資格や経験を活かし、全く別の分野・業種にキャリアチェンジする方も増えてきています。キャリアチェンジをきっかけとして、給与や待遇、役職がUPするケースも少なくなく、結果的にキャリアアップに繋がることも少なくありません。

いずれにしても、キャリアアップを成功させるためには、現在の自分自身をしっかりと客観視した上で、理想の看護師になるために何が不足しているのか、何が必要なのかを明確にさせることが重要となることを押さえておきましょう。

ページの先頭へ