看護師の単発アルバイトをしてWワーク

近頃は常勤看護師でもアルバイトをする人が増えています。正社員の看護師が副業のアルバイトをする目的は<収入アップ>がトップで、「現在の給料では生活できない」とか「教育費のお金が必要」――などが理由です。

ここでは保育園看護師求人の単発アルバイトをしてダブルワークすることについて考えてみましょう。気分転換や収入アップに役立つ常勤看護師のアルバイトですが、こういったダブルワークに問題はないのでしょうか。

実際のところ常勤看護師でアルバイトをしている人の大半は勤務先には内緒です。<看護師のアルバイトは基本的にOK>とされていますが勤務先に知られた場合に余計な摩擦が生じるのを避けたいからです。 できるだけ同僚や先輩に見つからないように秘密にしているケースが多いです。

単発アルバイトは自分の都合に合わせてシフトが組めるところが人気のポイントです。国立病院や公立病院の場合は副業は禁止されているので注意しましょう。

単発アルバイトは週に1回だけとか月に1回などでも自由です。例えば「今月は連休があるので単発アルバイトを入れよう」とか「来月は海外旅行に行くから単発アルバイトで臨時収入を稼ごう」とか目的に合わせて仕事ができるのも魅力的です。

副業で単発アルバイトをする人はメインの仕事に支障がない働き方がポイントになります。「メインの仕事の給与が安いから単発アルバイトで補填したい」という人もいます。 しかし無理をしてまで単発アルバイトをしてダブルワークするのは体力的にも精神的にもハードです。

私の経験をご紹介しておくと民間病院で常勤をしながら<訪問入浴>の単発アルバイトをしていました。時給は2,000円前後ですが体力的にはハードの極みでした。メインの仕事は休日が多かったので月に2回程度の単発アルバイトをしていました。月に2回のアルバイトでも日給が18,000円で2回なら36,000円……うれしいボーナスのような気分です。

給与の安さが不満で転職を考える人も多いようです。しかし、メインの職場が働きやすいから「転職まではちょっと……」という人はダブルワークという選択肢もあると思います。

以上、看護師の単発アルバイトをしてダブルワークすることについて考えてみました。単発アルバイトの場合は月に数回だけの仕事ですから苦手なスタッフがいても受け流せます。

ページの先頭へ