派遣待遇の准看護師

数年前までは、看護師というと「正社員登用、夜勤あり、シフト制」という働き方が一般的でした。これは准看護師にも適用されており、パートやアルバイトといった非正規雇用の看護師はほとんど存在していませんでした。

しかし、最近は准看護師の働き方も多様化してきており、アルバイトやパートだけでなく派遣社員として働く方も出てきています。ここでは、派遣社員として働く保育園看護師求人の実情についてご紹介していきたいと思います。

派遣社員の看護師の大きな特徴は「他の雇用形態と異なり、所属先が派遣会社になる」という事にあります。正社員やパート・アルバイト勤務の場合「雇用元=勤務先」となるのが一般的ですが、派遣の准看護師は雇用契約を派遣会社と結ぶため、雇用元と勤務先が異なります。

そのため、勤務先となる病院や医療機関から、労働条件になり残業や夜勤を強いられることがなく、就業時間を遵守した勤務ができるというメリットがあります。

また、同じ非正規雇用であるパートやアルバイトと異なり、条件を満たしていれば雇用保険や厚生年金などの社会保障が受けられるため、同じ時間単位の労働条件であっても、より安定した働き方ができるという点も見逃せません。

更に、正社員登用のハードルが高い医療機関や病院の場合、まずは派遣社員として勤務の糸口をつかみ、実績やスキルを積み重ねながら正社員登用を狙うという働き方もできます。准看護師にとって派遣社員は、様々なメリットがある働き方だと言えるでしょう。

但し、派遣社員として採用されるためには、即戦力であることが求められます。派遣社員として受け入れる以上、病院や医療施設は「人材教育や業務の説明などは行わない」というのが一般的ですので、どんな職場でもすぐに業務に入り、周囲に迷惑をかけない汎用性・柔軟性が求められます。派遣社員はメリットが多い分、厳しい部分も多々あるという事を、しっかりと肝に銘じておきましょう。

准看護師の派遣に興味がある方は、看護師専門の求人サイトや転職支援サイトを活用し、派遣案件を検索してみると良いでしょう。派遣勤務を希望する場合、まず派遣会社を探すことから始めるのが一般的ですが、看護師専門の求人サイトや転職支援サービスでは、複数の派遣会社の看護師募集案件を一度に検索することが可能ですよ。

ページの先頭へ