看護師資格はキャリアチェンジの武器になるって本当?

近年、看護師免許を持つ方が活躍できる場が広がり、他業種への転職を希望する方の割合も高まってきています。 しかし、キャリアチェンジを検討する方の中にも「病院や医療機関以外で働いたことがないから不安……」と感じる方が少なくないのもまた事実です。

しかし、そんな心配は杞憂です。実際に、看護師の臨床に関する経験や知識、コミュニケーション能力の高さや緊急時の対処・判断力などは、他業種で働く上で大きな武器となってくれます。

例えば、MR(医薬情報担当)やケアマネージャーといった職種であれば、医療関連機器に関する知識や、その機器を実際に使用している患者さんの実情を認識しているという部分が武器となり、いち早く即戦力として活躍することが可能となります。

では、MRやケアマネージャーとはどういった職業なのでしょうか? MRは製薬メーカーに勤務し、病院やクリニックを訪問して、医師や薬剤師に自社の医薬品に関する製薬情報を提供する業務を行います。

MRの業務を行うにあたり特定の資格は必須ではありませんが、最近は医療技術や製薬開発のスピードが速く、MRも専門的な知識や経験が問われるようになってきています。 そのため、MR認定試験をパスしたものしか訪問を許可しないという医療機関も増えてきています。

看護師の場合、この資格試験の勉強を始めるにあたって、医療業界での経験や知識を活かせる場面が少なからずあるため、文系出身者の方や医療業界未経験者よりも有利な立場に立つことができます。 また、業務先が病院や医療機関の医師や薬剤師となるため、看護師として臨床経験を持つ人材は高い信頼を得やすいというメリットもあります

次にケアマネージャーについてです。 ケアマネージャーは、介護や支援が必要と認定された人が、最適な介護サービスを受けられるよう、ケアプラン(介護サービス計画)を立案・作成する職種です。

このケアプランを作る際、看護師としての臨床経験やスキルは大変役立ちます。 例えば、介護スタッフでは判断しづらい医療的な部分をフォローしたり、要介護者の状態に則した現実的かつ的確なプランを作成したりと、医療分野に携わった経験を遺憾なく発揮することができます。

看護師の資格や経験は、MRやケアマネージャーを始め、他の様々な分野でも求められています。 キャリアチェンジを検討する場合には、自分が今まで積み重ねてきたキャリアやスキルに自信を持ち、大きな武器を持っていることを自覚して行動されることをお勧めします。

ページの先頭へ