保育園看護師の楽しみと注意点



厚生労働省が発表した指針によって、保育園に看護師を配置することが義務付けられました。 そのため、看護師が働ける場所として、新しく加わったのが保育園です。 基本的には、毎日、保育園に通って、子どもたちの健康管理や安全に過ごせるようにすることが主な仕事になります。

看護師の中には、保育士になろうか、迷ったという人もいるでしょう。 子どもが好きなら、子どもと接するのは楽しいものですし、日々、成長していくのを見ているのも楽しみのひとつかも知れません。

また、運動会や遠足などの行事に参加できるのも楽しいでしょう。 そんな楽しみもありますが、注意しなければならない点もあります。 保育園看護師になったら、子どもと接するときの言葉遣いや顔の表情、態度に注意しなければなりません。 どの子どもにも同じように接しているつもりでも、小さな子どもは、大人の言葉遣いや顔の表情をよく読みとっています。

ほんの少しでも、自分とほかの子に対する態度が違うと感じると、泣き出したり、何も話さなくなったりします。 こうなると、体の変調やケガの処置が正しくできなくなってしまう場合もあります。 また、保育士からも注意を受けることになってしまいます。

保育士には、保育の知識があるように、看護師には看護の知識があります しかし、保育園看護師となると、看護師は保育の知識も必要になります。 保育園で働くことになっても、保育園で保育に関する研修などがあるわではありません。 ほとんどの場合、働きだしてすぐに、保育士の補助をしながら、看護師の仕事もすることになります。

ですから、保育園看護師を希望しているなら、小児科での看護を経験している方が有利かも知れません。これまで、病棟や外来などの看護経験があっても、保育園の看護師は、看護師としての要素よりも、保育士としての要素の方が強いようです。子どもが好きで、保育園看護師になってはみたものの、イメージと違う、と感じる看護師もいるようです。
徳島県看護協会

看護師という職業について

看護師というとまず頭に浮かぶのが病院で受付や診察の補助をしてくれる職業というのがあります。でも看護師といっても働いている場所、働く形態、業務内容は様々です。

まずは看護師と准看護師があり、看護師は大学で専門の勉強をして国家資格を取った人がなれるもので、准看護士は看護師と業務はほとんど同じだけどその資格レベルや学校で勉強することが違い、都道府県知事資格というものを取得してなることができます。なので准看護士は看護師の指示によって業務を行います。

看護師は主に病院やクリニックなどの医療機関、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム・デイサービス・ケアハウスなどの福祉施設、訪問看護、看護事務所、幼稚園や保育園などの教育機関が職場となります。

大きな病院での看護師の業務内容は主に患者の状態情報の共有、バイタルサインの測定、入院患者の入浴や食事の介助、全身清拭、検査・手術・リハビリ患者の移送や誘導、外来での診療補助になります。患者の状態情報を看護師同士で共有することはとても大切なので朝の申し送りで前日の夜間看護師から日勤の看護師へと受け継ぎます。

バイタルサインとは毎日体温・血圧・脈拍・呼吸・意識レベルなどを測定し記すことです。上に書いたような業務の合間に採血や点滴、ナースコールの対応など看護師の業務スケジュールはとてもハードです。 さらに看護師は手術時の医療補助や感染症発生時、災害発生時に必要な知識を学ぶ必要があり医師よりも患者に近い立場で対応する必要があります。

訪問看護師は病院から派遣される場合や看護事務所から派遣される場合などがあり、患者の担当医と相談をしたうえで指示書というものを書いてもらいます。訪問看護には看護師だけでなく患者によって受けるサービス内容や利用料金などの問題から助産師や保健士と連携して看護を行わないといけません。

最近では看護師も正社員より派遣社員が多くなってきています。正社員よりも給与、待遇、夜勤なしを希望できるというメリットがあるので働きやすいということがあります。少子高齢化に伴って患者数が増加してきているのに看護師はその業務内容がハードということもあり年々人材不足になっています。

看護師、子育てしながらでも続けやすいのか

看護師といえば、病院で昼夜問わずハードな仕事で、休みも不規則だと考えがちですが実際はいかがでしょうか。看護師の男女比率で言えば女性が多いですが、離職率では他の職業に比べて高くなっているのは周知の事実でしょう。

これは、人生の分岐点ともなる結婚・出産・育児のタイミングで職を離れる方も多いのも影響しています。しかし、子育てしながら働き続けることも十分可能な職業でもあるのはご存知ですか。このことについて、紹介していきたいと思います。

まず、スケジュール管理について調整が可能であることをあげてみます。確かに夜勤もありますが、職場によっては昼間だけ働く、という選択肢もあります。また、夜勤をした場合には朝帰宅し、その翌日はお休みにもなります。夜勤の間、子どもをみてくれる方がいるのであれば、こういった働き方もありだといえるでしょう。

そして翌日のお休みには家事を行う、子どもとの時間にする、といった使い方ができます。土、日曜日の休日、祝日についても同様で、週末に働くということも可能なのです。その点では、一般企業よりも柔軟ともいえるかもしれません。

次に、キャリアアップについてです。常勤、パートタイムと看護師でも契約の種類はさまざまです。仮に育児期間中、パートタイムで働いていたとしても、その後常勤に切り替えるのはさほど難しいことではないようです。

というのも、多くの医療施設では看護師不足が問題となっており、働く場は数多くあるからです。一時離職したとしても、キャリアアップの道は閉ざされることはありません。

最後に、育児中のママ看護師を支える職場環境についてです。多くの医療施設で、福利厚生として保育室を併設したり、一般の保育園と契約していることが少なくありません。併設の保育室では、看護師の仕事にあわせ、夜間でも子どもを受け入れてくれるところもあります。就職を決める際には、そういった点についても確認しておくとよいでしょう。

医療施設で働く看護師は、女性が圧倒的に多く、その女性を支えるサービス、支援はこれだけではないでしょう。実際に子育てしながら働く方は多く、働こうと思えば十分に可能な職業であるかと言えるでしょう。

ページの先頭へ